前掛けの包装紙

5inchの前掛けバッグはマサオカヒロミが蒐集した旧いものを材料として使用しています。

 

その多くは使われないでそのまま残っていたいわゆるデッドストックです。

 

たとえばこんな状態で包み紙にくるまれているものも。

 

5inchbag

タオルなんかもこんな感じであったりしますね。開くと前掛けが現れます。

 

5inchabg

 

綺麗にしたあとでそれをバランス見ながら分解してデニムと組み合わせて

 

5inchbag

 

前掛けバッグに仕立てます。基本的に1枚の前掛けで一個のバッグに仕立てます。

 

これが完成品。どちらが表と言うことは無いのですが便宜上こちらが表。

 

5inchbag

 

そして裏。

 

5inchbag

 

およそ40〜50数年前の前掛けと新しい日本製のデニム生地を組み合わせた世界に一つだけのバッグの出来上がりです。

 

ということで今日はちょっと横道に逸れてみます。

 

この前掛けの包み紙、よく見ると何とも味わいがあるのです。

 

どちらかというと薄手でもともとは白い紙なのですが、

仕舞われ方というか保存の状態によってこのように色味も異なっています。

 

5inchbag

 

熨斗や水引をあしらったこのタイプが多いですね。

 

5inchbag5inchbag

 

やはり保存状態によりコンディションも様々。経てきた年月を物語ってもいますね。

 

裏側には前掛けの製造所。

5inchbag

 

 

し、しぶい。

 

5inchbag

 

 

 

 

昔封筒で使われていたような、縦すじの入ったさらに薄手で透けるような茶色い紙。

 

5inchbag

 

 

 

こんなデザインのもあるんだ。あて名スペースが設けてありますね。

 

5inchbag

 

 

これは黄緑。新品のときはさぞ鮮やかだったんでしょうねー。

 

5inchbag

 

 

なかなか手の込んだ絵柄。

 

5inchbag

 

 

いやいや深入りすると抜けられなくなりそうです。。。

 

 

 

包み紙ではないですが、こういうものが

 

熨斗紙の端や

 

はたまた前掛けに直接貼られていることもあります。

 

5inchbag

 

ある部分は浮き出ていて、反対にへこんでいる部分もあり細かいエンボス処理がされています。こちらは直径4cmほど。

 

 

これは凹凸は無いですが3色刷り。大きさは5、6cm位です。

 

 

 

ということで今回は

 

前掛けの時代を感じさせてくれるちょっとしたトピックでした。

 

もし旧い前掛けを見つけたら包み紙も見てみてくださいね。

 

 


ちょっと見てみてみてください。

5nchの前掛けバッグは

集めたアンティークの前掛けを一枚ずつ取り出して

柄をながめて考えながらカットし、

デニムと組み合わせて一個のバッグに仕立てます。

そのときにマサオカヒロミがいちばん注意して作業する点は、

 ‘できるだけ元の前掛けの柄を活かす’ ということです。

言い替えるとそれは

白く染め抜かれた柄や文字などの部分にはできるだけ縫い目をかけたくないのです。

前掛けバッグの多くは片側がアウトポケット仕様になっていて

必ずポケットの仕切りステッチを入れるのですが、

このときもできれば文字等の部分には紺色のステッチでラインを入れたくありません。

なので、まずは

まっすぐ縫い目を通せそうな位置を選んで仕切りのステッチを入れることを試みます。

結果、ポケットの口のサイズはステッチ位置によってさまざまで決まっていません。

 

でも、多くの場合は、1本のステッチを垂直方向にまっすぐに入れられないことの方が多いのです。

これなんかそうですね。垂直方向にステッチを通そうとしてもどこかでぶつかってしまいます。

5inchbag

 

こんな場合は

文字の部分をよけてステッチを入れたりします。

たとえばこんな具合です。

5inchbag

他にもこんなのや(微妙に湾曲してます)

5inchbag

こんなのも。

5inchbag

こうやって多少のことならステッチを婉曲させて対処してます(けっして酔っぱらってるんではないのです)。

 

多少の婉曲では対処できないときはこうしてます。

5inchbag

文字にかかる部分だけ縫い糸を紺から白糸に付け替えます。

5inchbag

 

5inchbag

2か所あるとちょっと大変ですが(笑)

 

あと、ちょっとの幅の物ならこのように白地の部分を縫い飛ばしたりすることも(もちろん端っこは返し縫いしてます)。

5inchbag

 

この場合は縫い糸替え&縫い飛ばし(6の部分2か所)の複合技です。

5inchbag

 

 

なかなかマニアックでしょう?

お手持ちの5inchバッグにもこんなディティールがあるかもしれないですね。

もし見つかったらちょっとうれしくないですか?

 

ポケットの仕切り以外にもこの手法を使うこともあるので

これからのバッグ選びの時に気にしてみてくださいね。

 

「5inchバッグ重箱の隅」コーナーでした!

 

 

 


1

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

  • ちょっと見てみてみてください。
    5inch
  • ちょっと見てみてみてください。
    おかん
  • 東急ハンズ広島店おススメバッグをご紹介!
    佐伯 徹
  • RESTARTからの百個展への道!その1
    マサオカヒロミ
  • RESTARTからの百個展への道!その1
    Motoaki Hamada
  • 本日よりソニーズさんにて初売り!
    マサオカ
  • 本日よりソニーズさんにて初売り!
    京都のゆい
  • ひよこ、ヒヨコ、タマゴ+ハト!?
    マサオカ
  • ひよこ、ヒヨコ、タマゴ+ハト!?
    Pico
  • 第九回百個展無事に終了致しました!!
    マサオカ

profile

書いた記事数:668 最後に更新した日:2019/10/07

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM